トップ黒渓流で岩魚釣りトライ2回目

6月4日:黒渓流で岩魚釣りトライ2回目

昨日6月4日の釣行レポートです。今回の天気は朝のうちは晴れで、午後
は曇りでたまにパラパラと雫が落ちてきていました。

いつものように6時30分に集合。ですが友人は二日酔いで若干の遅れ。
そろったところで目的地へ移動、早速準備して急斜面を降りて釣行開始
です。

ところが途中の雑草の倒れや地面の荒れ具合を見ると、何やら普段と違
う別の気配を感じ、あたりに注意しながら前進です。

すると、先に何か動くものを発見。良く見ると先行者です。ちょうど
岩魚を吊り上げてつかまえたところでした。エサ釣りの人で、岩魚の口
に指をつっこんで、すぐに竹で編んだビクへ入れていました。

「あっちゃー、急遽川を変更です!」

ホームグランドの川へ移動して、いつも入っている場所の下流に入り、
そこから釣りあがりました。いつものように水が透き通っています。

毛鉤は、相変わらず「パラシュート・アント」
そして末端のラインはsunlineの黒渓流0.6号です。

黒渓流

今回はその部分の長さを30cmとして、レベルライン先頭のミニ金具
に引っ掛けて使いました。とても見にくい黒色のフロロカーボン糸で、
結果は前回に続き、下の通りです。(二人とも「つ」抜けです)

黒渓流0.6号の評価

最近、2回に1回は30cm以上の岩魚を釣り上げているので、0.6号
のラインでは切れてしまうのではないかと不安でした。ですが、今回、
下の写真の通り31cmの岩魚を釣ったのですが、合わせ切れなども
なく、特別な配慮なしで問題なく釣り上げることができました。

最近のフロロカーボン糸(黒渓流)は、さらに強くなったように感じま
す。注文品(0.6、0.8、1.0号)の到着が待ち遠しいです!

160604-01 160604-02

160604-03 160604-04

160604-05 160604-06

160604-07 160604-08

160604-09 160604-10

160604-11 160604-12

160604-13 160604-14

160604-15 160604-16

160604-17 160604-18

160604-19 160604-20

160604-21 160604-22

160604-23 160604-24
 


a:1222 t:2 y:2