トップ岩魚の楽園で黒渓流をテスト

5月28日:岩魚の楽園で黒渓流をテスト

昨日の釣行レポートです。天気は快晴、とても気持ちの良い一日でした。

good weather

good field1

good field2

good field3

いつもの友人と二人での釣行で、今回も毛鉤は「パラシュート・アント」
を使いました。ですが今回は一部替えた部分があります。

いつもは0.8号のラインに毛鉤を結んでいるのですが、今回はsunlineの
黒渓流0.6号。とても見にくい(魚に発見されにくい)黒色のフロロカー
ボンの糸です。

透明0.8号を黒0.6号に替え、その違いを感じ取ることを目的とした釣行
でした。結果は、恐るべし「黒渓流」でした。

実際、一人で2桁の岩魚を釣ったのですが、感触として黒くて少し細い
分だけ、岩魚の反応が良かったように感じています。

心配だったのは、0.6号にしたため少し大きな岩魚がかかったら、合わせ
切れがおこるのではないかということでした。

しかし、その結果としては満足のいくものでした。つまり、29cmの
岩魚が当日の最大サイズで、ランディングまで無理をせずに、少し時間
をかけて弱らせてから取り込んだのですが、合わせ切れはありませんで
した。

また、毛鉤が1回転して絡み合い結び目が2つできていたのですが、
その結び目で切れることもありませんでした。
(結び目ができるとそこで切れ易いので)

ここ最近は、2回の釣行に1回は30cmオーバーを釣っているので、
合わせ切れを心配しているのですが、何とか乗り越えてくれるような
感触です。

どうせリリースするのですが、バラすととてもくやしいので。自分から
逃がすのは全然くやしくなく、おおらかな気持ちでバイバイすることが
できるのですが・・。

160528 1-1 160528 1-2

160528 2-1 160528 2-2

160528 3-1 160528 3-2

160528 4-1 160528 4-2

160528 8-1 160528 8-2

160528 5-1 160528 5-2

160528 6-1 160528 6-2

160528 7-1 160528 7-2

160528 9-1 160528 9-2

160528 10-1 160528 10-2


a:1136 t:2 y:0