5月24日:山菜取り&T川下見釣行

 ようやく本格的なテンカラシーズンが到来したのですが、
 実はもう一つ別のものにもシーズン到来しています。

 何を隠そう「山菜」のシーズンとなっているのです。
 行者にんにくやタラの芽などが終り、しどけ、アイコ、ワラビ、
 ウド・・など。

 この2~3週間を逃すと終ってしまうようなものもあり、
 今回はメインを山菜取りとして、山にでかけました。

 今回のターゲットの山菜は、ワラビとミズ。
 チェック入れたい場所は太平八田、太平貝の沢、三内の3箇所。

 まずは八田から。最初入口側はパラパラでしたが徐々にあちこちに。
 30分でスーパーの袋にびっしり。

 次は貝の沢へ移動。
 こちらは少し少なめですが、少し黒っぽく太くて長い、なかなか
 良いワラビ。

 30分ほどでスーパーの袋8分目くらい。
 そして次に三内に移動し、川横のターゲットエリアへ。

 やはりこちらも30分でスーパーの袋に8~9分目という結果。
 3箇所の状況を確認しながら収穫行い、移動含めて2時間強で
 スーパーの袋に3つを収穫。

 これで当分、両親から「ワラビはまだー」と言われなくて済みます。
 よかった!

 さて、かなり足腰に疲労感ある中、久しぶりにT川へ調査釣行に。
 その川の回りには、山菜のアイコがたっぷりあるので、釣りをしながら
 アイコとミズを取るつもりです。

 田んぼ横の道路から山道に入り何度もカーブを縫ってようやく終点です。
 この先は道路崩落のため、通行止めとなっています。

 その先へわずかに歩いてみると、完璧に陥没して車はNG。
 バイクなら右側に残ったわずかな部分を通り先へ進める程度。

 車を止めてすぐ横の橋の脇から入渓です。

 渓相は悪くなく、上空や左右の空間が確保されているので、テンカラの
 投射にもほとんど支障がありません。

 反応ポイント

 2投目で反応ありました。
 15cmくらいのチビ岩魚です。

 チビ岩魚

 かなり木が生い茂って川には日が入らないところなのか、
 岩魚は少し黒っぽい感じでした。

 早々と反応があり1匹釣れたのですが、その後はまったく反応が
 ありません。

 川の周囲を注意して眺めながら釣りあがっていくと、何となく
 先行者の気配を感じます。すでに2時を回っているので、どうも先に
 入られた模様。

 今回はテスト釣りモードで場所の確認なので、すぐに川から横の
 登山道に上がり、道脇に生えたアイコを採りながら車まで戻りました。

 ここの渓は山道から川に入り易いので、早い時間に来てよほど上流に
 行かないと釣れないように感じました。

a:754 t:1 y:0